freehowto

狙うタナ(水深)を固定せずに、仕掛けを沈めて、海面から海底までの全ての層を探っていく釣法です。サシエがマキエと同調している時間が長く、魚がサシエをくわえても、違和感を感じ難くいため、喰うタナが分かりづらい、または足下に魚が見えるのに、なかなかウキに反応が出ない時に効果的です。
魚の遊泳層は、季節、水温、潮の流れ、風、海底の地形といった様々な自然条件によって絶えず変化します。誘導仕掛けでは、タナを取るには、タナ取りオモリを使い、底の深さを測って自分の狙いとするタナを決めていき、ウキ止めの位置を動かしてタナ(水深)の調整を行います。FREE(全誘導)釣法では上から下まで探って行くので、そのタナ取りの作業が不要になるわけです。魚のタナ(水深)を、より自由に、効率的に探るための戦術として、狙いとする魚の遊泳層を掴んだら、次からはラインコントロールで、狙いのタナ(水深)付近までを集中して探るといった釣り方が効果的です。