TITAN(チタン)コートリングの糸落ち性能を徹底的に検証。最善の穴径を追求し、AURAがたどり着いた結論はφ1.8mmのパイプ構造。φ1mmパイプの場合、φ2mmのパイプよりアタリは明確に出るものの、糸のコンディションによっては、操作に高度な技術力を必要としてしまいます。φ2mmパイプよりφ0.2mm細くしたφ1.8mmのパイプと、ウキのフォルムに合わせて専用に作られたTITAN(チタン)コートリングの性能によって、今まで出なかったアタリを明確に出すことが出来るようになりました。