neo
ウキのシェイプ、フォルムに合わせて、各ウキ毎に独自に設計されたメタルリングにTITAN(チタン)のコーティングを施すことで、表面硬度、耐久性の向上と、摩擦抵抗(フリクションロス)の低減化を実現。 魚信が出ると糸が張り、リングにかかるスラスト(横方向の)力やパイプ内部に通るラインの移動スピードが急激に早くなるため摩擦抵抗が一時的に大きくなります。一般に前アタリと呼ばれる魚信は、エサを吸い込み、門歯で咥えて噛むことで発生しますが、慎重な魚は抵抗があるとエサを吐き出してしまいます。違和感(抵抗)を感じることが無ければ、咥え直して飲み込み反転する本アタリが出るのです。 前アタリのタイミングで魚に違和感を感じさせない為に開発された究極のリング。それがTITAN(チタン)コートリングなのです。