ボディの中心付近に重心が来るように設定された高重心設計は、水面から重心までの距離が短いため、復元力が小さい。
そのため、ウキにブレや振動が出にくく、アタリが鮮明に出やすくなりました。