浮力と素材が同じでも、フォルムが違うと抵抗の伝わり方も違ってきます。
例えば、neo WINのウキだと遠投しても見やすいが、下膨れのneo DEEPのほうが、敏感にのアタリを察知しやすいという事もあります。沈んでいく時に、ウキトップ付近にはカルマン渦ができるため、水中での抵抗は下膨れに比べ上膨れの方が大きくなるのです。
逆に、浮き上がりは、抵抗のため遅く、仕掛け操作がやりやすいというメリットになります。neo FREEは上膨れと下膨れタイプの両方のメリットを持っている形状なのでオールマイティで、仕掛けの方向が分かりやすく、FREE(全誘導)の釣法に最適です