【DATA】
釣人名  志田 直樹
使用製品  AURA V-MAX  5B
釣果  チヌ  43〜35cm 真鯛40〜30cm
日時  2014.6.7
場所  山形県鶴岡市堅苔沢 四ツ島(ウマカジリ)

 

 

image

5月に開催される予定だったDAIWA スーパーバトルカップチヌ 山形大会だったが天候悪化が予想される為に順延になり6月7日に行われました。

当日も、東風が7mと波は無いものの風が強風でしたが何とか開催されました。
朝、運命の磯場が決まる抽選、最近釣果が思わしくない堅苔沢に決まりガッカリ(ll゚д゚)
何処に渡船されるのかと不安だったが運良く四ツ島の通称「ウマカジリ」❗️山形では、四ツ島ウマカジリと言えば一級磯のチヌ釣り場!

何とか希望の光が見えたのも、つかの間ゼッケンNo.の早い順より釣り座優先権があり自分はウマカジリでは、1番最後のNo.で釣り座優先権無く、なすがまま釣り座が決められ1番釣りづらいハエ根の前になり前半開始❗️

image_1

今回も、水深が深いのと流れを見ると下り潮が激流で川の流れの様だった事もありウキはAURA V-MAXで攻める事にしました。

沖は激流だが、ハエ根先までで手前の潮が引かれ緩くハエ根際を攻めるとゆっくり本流の引かれ潮にV-MAXは乗りハエ根際を進んで行くと早速V-MAXはゆっくり沈みそのまま海中へ入っていきます!

ヒット❗️だがチヌでは無く、アイナメΣ(´Д`)

 

その後、青物や釣れるがチヌでは無い同じコースを何度も攻め前半終了間際チヌヒットするが、ハエ根に入られ痛恨のバラし終了((유∀유|||))

前半では同じ磯に4人乗ったが1人2枚、隣でやってた人も1枚でプレッシャーが掛かってきました。

後半、釣り座の優先権がようやく回ってきたので潮の状況などを見て慎重に決めました。

後半の釣り座は、手前側が四つの島のワンドになっていて本流までの距離があり引かれ潮と本流の潮スジを攻める様にイメージしてせめて見る事にしました。

 

ここでV-MAXの威力が発揮される事に………❗️

ここは横風当たりが強く、釣りづらいが自重のドッシリとしたV-MAXは、物ともしない程、遠投性、潮乗り、潮馴染み、バッチリです。

その潮スジを攻めるには、いい結果が出そうと思ったら早速3投目に早くも結果が出ました❗

潮スジに入るちょっと手前でV-MAXはゆっくり沈みアタリを捕らえ、そのまま魚に違和感を与えない様に一気に喰わせ海中へヒューン❗️と入りヒット❗️

40overチヌを釣りあげ、そこから追い上げ面白い様にV-MAXが海中へ入っていきます。

その結果3枚のチヌを揃える事ができました。

おまけに真鯛のお土産まで…(笑)

結果、優勝とは行きませんでしたが、TOP10の5位に入る事ができました。(DAIWA HPにて確認済)

やはりこのウキは、俺を裏切りません。

image_2