OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【DATA】

釣人:佐々木孝司
使用商品: AURA DRIFT(L) 00
釣果:チヌ 46cm~51cm 6枚 他メイタ
日時:2014年8月17日
釣り場:長崎県佐世保市相浦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月17日、長崎県の南九十九島一帯で夏チヌが好調との噂を聞き、早速、義理の兄と甥っ子と私の三人で佐世保市の相浦港へむかった。

今回は、佐世保湾内を瀬渡ししてくれる小平丸さんにお世話になり矢坪島の水道へ渡してもらいました。

ここは、向かいの島との水道部分が釣り場で、手前は沈み瀬が多く、当日は小潮だったが思っていたより流れが速く沈み瀬付近は釣り辛い為、思い切って40m先の水道部分を狙う事にした。

そこでチョイスしたウキは、ドリフトL-00でハリ上50cmにガン玉G5を打ち釣り開始。このドリフトはL-00で自重が17.2g有り、その体積で遠投は勿論、沈めて使う場合でもしっかりと潮流れを掴んでくれる。

この日は、流れの速度に合わせてガン玉の位置やサイズを変更し、短時間で46cm~51cmの良型のチヌを6枚仕留める事が出来た。流れの中に居る夏チヌの引きは最高で大満足の釣行となった。

ドリフトはLLサイズも有るが、ロッドが0号クラスの軟竿ではLサイズのほうが、コントロールも利きキャスティングしやすいと感じました。

当日は、新しく出たAURAフローティングベストを着用しての釣行だったが、エアリーメッシュの採用で一日中蒸れること無く過ごせ、大容量のポケットには必要な小物類が殆ど入る為、近場のチヌ釣りには道具もコンパクトに収まり、機能性に溢れた仕様になっている。