釣人:原田 康平(相模フカセクラブ)
使用商品:AURA Rush RX 0号、1st GIGS 2B、ナイトR1 5B
場所:真鶴 黒崎(神奈川県真鶴町)
釣行日時:2015年3月20日(金)14:00~18:30
釣果:口太メジナ42センチ、尾長メジナ32センチ、他口太30センチ以上7枚

3月20日、私は神奈川の真鶴にある地磯に釣行した。真鶴は東伊豆に近いが実績のある地磯が点在している。今回は、北東風に強い黒崎というポイントに入った。
まずは、0号のウキで全誘導仕掛けで幅広いポイントを探ることにし、遠投性、視認性、操作性にすぐれたRush RXの0号を使用した。
ハリスは2ヒロで、ハリ上50センチのところにG5を打つ。

釣り始めは、左右のサラシがぶつかってウキが潜っていくところから探り、釣れてきたのは手のひらサイズの尾長であった。エサはすぐに取られるので、ハリスを1ひろにした。しばらく、手のひらサイズが釣れていたが、30センチ以上の口太も釣れだし、水深のない真鶴では珍しい32センチの尾長も釣れるようになる。
16時50分が満潮いっぱいなので、沖からの上り潮が動き、それに引かれていくように足元は沖に向かって流れ出すと同時に、サラシが強くなり、サラシの中でもメジナが出るようになったので、ウキは1st
GIGSの2Bに交換し、オモリをG2をからまん棒の下とハリスの真ん中に打ち、ハリ上20センチにG5を打ち3段シズにして仕掛けを安定させる。タナは活性が高いので2ヒロとする。
答えはすぐに出て、サラシ場で30センチ台が数釣れた。
その後、日が落ちてきたので、重くどっしりした仕掛けで食うようになってきたので、仕掛けが安定するようにウキをケミホタルをつけた5BのナイトR1に交換し、2Bをハリスの真ん中とからまん棒の下にセットした。切られないようにハリスも1.5号から3号に交換する。
18時30分、今までになく魚が底に向かって引くので糸を緩めつつ、浮いてきたのは42センチ、1キロの口太であった。白子をたくさん抱えていたので重量感があった。

結局30センチ以上のメジナは8枚、42センチを1枚釣って、大満足の釣行であった。

 

G G G G