釣人:鍵本忠行
使用商品:AURA  ZG-Ⅰ浮力5B オレンジカラー
水中ウキ シンカーR2 0.5号

釣果:チヌ 30cm 1枚
その他タナゴ、カサゴ

日時:2015年5月3日
釣場:広島県広島市南区宇品、宇品沖白灯台一文字波止

 AURA井手フィールドアドバイザーと私の二名で白灯台一文字波止へ釣行した。
 今回お世話になった渡船は広島市南区に待機している大河フィッシングさん、とても親切な船長さんに案内していただいた。

CA3I1410

 今回使用したウキはAURA ウキシリーズの中で、特に出番の多いZG─Ⅰ浮力5Bだ。私のチヌ釣りにおいては、特に使用頻度の高いウキで、かなりの釣果を得ており、無くてはならない信頼性

の高いウキである。
当日は、広島湾特有の2~3枚潮の影響が大きい釣り場だったが、AURA水中ウキ シンカー0.5号
を併用し、なんとか貴重な一枚を得ることができた。
ハリスを4m取り、浮力調整用の小粒ガン玉でZG─Ⅰがウキ止めまで到達、仕掛けが立った後ゆっくり
ジワジワ潜航するよう繊細な浮力調整をする。
ウキが視界から消えた瞬間、ライン引き、そして竿をひったくる強烈なアタリが釣り人を襲ってきた。
当日、釣友の井手さんも、激渋状態の海中から40cm弱のチヌを引きずりだす事に成功、さすがチヌ釣りの名手だ。
広島湾はまだまだ冬の海だと感じた今回の釣行だった。
今しばらくは、この状態が続くと思われる。