釣人:佐々木孝司
使用商品: AURA ZG-1 0、3B、5B
釣果:チヌ 40cm~42cm 4枚 メイタ多数
日時:2015年5月23日
釣場:長崎県大村湾

 

5月23日、長崎県大村湾へチヌ釣りに行って来ました。今回の釣行は大村湾北部の瀬渡しをしている山信丸さんにお世話になり、朝5時出港で北西部に浮かぶ安甫島へと向かいました。

早速、マキエを広範囲に撒くとエサ取りは足下にフグが見えるくらいで気にはなりません。そこで上層まで浮いてくる食い気のあるチヌから釣っていこうと選択したウキは、『ZG-1』の0。

ハリスを7m取りガン玉G6・G7段打ちし、仕掛けが馴染むとウキが沈む様にセット。このZG-1は肩が張った形状をしている為、ブレが少なく沈めて使うには最適なウキである。

しかし釣れてくるのは25cm程のメイタばかり・・・ このままでは切りがない感じだったので仕掛けを変更。マキエも底に効いてきただろうと、ZG-1の5Bにチェンジ。

手前のカケアガリを重点的に攻めていると、すぐに42cmのチヌが釣れた。やはり底でエサを拾っていた様で、やり取りの最中に大量のマキエを吐きながら浮いてきた。

その後も40UPを3枚追加し、この日は納竿とした。ZG-1はバリエーションも豊富で、00~1号までの8種類もある為、さまざまな釣り場にマッチしてくれる頼れるウキである。