氏名:篠原則尊(東海グレ倶楽部会長)
使用ウキ:AURAONGA RR1(0号イエロー)
AURA2ndGiGs00号(オレンジ)
釣果:口太眼仁奈25cm~43cm10枚
日時:2015年6月20日
釣場:静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎(宮島丸)

土曜日に石廊崎に行ってきました。最近の伊豆半島はまだ、梅雨眼仁奈になっておらずまだ春の海みたいな感じで釣果もあまり良くなく心配な要素をもっての釣行でした。渡礁したのは石廊崎の磯の中でも一級磯の大根に倶楽部メンバーと渡礁しました。前日からのうねりが残る中3名で安全な場所での竿だし今回、良型の尾長眼仁奈を意識してAURAから新発売されたONAGARR1で挑みました。道糸、ハリス共に2号、棚は2ヒロ半ゆっくり右から左に流れる潮に足元からコマセを入れてコマセと同調させながら流していくと5M位先のシモリの横でRR1が消し込み合わせを入れると小尾長が釣れました。同じパターンで流していくと今度、手元まで来るあたりに良型の気配を感じながら距離を縮めて足元の根を交わしてあと少しと云う所で痛恨のラインブレーク隣で倶楽部メンバーも強烈なあたりをとらえ時間をかけて浮かせたのは50cmはありそうなサンノジでした。棚を決めて仕掛けを立たせるとサンノジ、バリばかりで本命のあたりが出ないのでウキをAURA2ndGiGS00号に先程の仕掛けと違い潮の中でハリスをふわふわさせながらゆっ
くり沈めてこのウキの代名詞である(イケイケ釣法)で探ると直ぐに答えが出ました。25cm~43cmまでの口太眼仁奈、尾長眼仁奈が釣れ全てが竿1本半から2本までの深い棚で当たってきました。今回異なるウキを使いRR1の特徴2ndGiGSの特徴を掴む事が出来ました。RR1はウキ自身が細身で潮の流れに対し潮筋からずれることなく、シモリ玉不要でウキ止めが下部で止まる設計になっており微かなあたりも逃さないウキだけに手返しを要求されるトーナメントなどの時はかかせないウキだと感じました。また、2ndGiGSは棚を決めずに足元、潮の流れの中をイケイケで攻められる頼もしいウキです。是非皆さんも使って見て下さい。素晴らしい釣果、素晴らしいウキに出会えると思います。