釣人:篠原則尊(東海グレ倶楽部)
商品名:AURA Kyougi RR1(イエロー)
釣果:口太眼仁奈32cm~41.5cm2枚
日時:平成28年1月31日(日曜日)
釣場:静岡県富士市田子の浦堤防

日曜日に久々にホームの田子の浦堤防に行ってきました。当日は、前日にかなりの雨が降ってかなりの水潮が釣り場全体を覆っていました。
今回はアウラの新製品競技1イエローB号を使い棚を決めて棚に到達したら仕掛けを張るイメージで仕掛けを作りました。ダブルRシリーズはシモリ玉不要でウキ内部でウキ止めが止まる設計なっていてこの時期にはもってこいのウキです。
先ずはコマセを打ち潮の状態をやはり水潮の影響でかなり上潮が手前に当ててくる状態で足下から棚2ヒロで攻めても餌取りどころか付け餌もそのままの状態で残って来ます。棚を矢びきづつ深く探って行く内に竿1本ちょっとの棚でかすかにウキを押さえるあたりが合わせを入れるが魚が乗らない付け餌を見て観るとかすかに魚が触っている感じで今度も同じラインを攻めてみると先程と同じようにかすかにウキに反応が出て道糸を張って誘いを入れたとたん競技1が一気に海面から消えて合わせを入れると丸々とよく肥えた口太眼仁奈32cmでした。

160131_1638
今日はこのパターンで数釣れると思ったのですがその後付け餌がたまになくなる程度で我慢の時間が続きました。上潮を走る水潮の勢いが少しゆっくりになった時棚に到達した仕掛けを張り気味にコマセを入れて当たりを待っていると先程と同じようにかすかなあたりに道糸を今度は少し緩めてみると一気に競技1が海中に引き込まれて合わせを入れるとかなりの重量感でゆっくり時間をかけて浮かしたのは40upの口太眼仁奈でした。その後待ったく当たりもなく納竿にしました。

160131_1640
今回、何時もはウキを沈めて釣る(イケイケ釣法)で攻めますが、今回は、ウキを浮かせて棚をしっかり決めて眼仁奈のいる所を自分で探しながら推理しながら釣って行く事も楽しく新たな発見が出来ました。今回、使用した競技1は、適度な重たさに、手返しを必要とされるトーナメントにはもってこいのウキだと思います。トップの部分を従来のものよりも大きく見せる事に寄って遠投をしても視認性が良くウキ止めが内部にで止まる設計で仕掛けを張ってもそのままの棚で棚ボケしないのので最高ウキだと思います。皆さんもアウラのウキを使ってみて下さい。きっと期待に応えてくれると思います。

160131_1641