釣人:瀬戸口 祐次(黒鱗会)
使用製品:AURA U-wave000号
釣果 :マダイ60㎝×1匹
日時 :2016年5月30日
釣場:鹿児島県 坊津 ノリコシ瀬


渡船:待丸 (坊泊港6:00発~14:00回収)
快晴(風&ウネリあり)
小潮(満潮8:00頃 干潮13:30頃)

5月30日・31日・6月1日と 年に数回しかない貴重な 3連休だったので 3連続釣行してきました。
釣行初日は 南薩方面の坊津釣行でした。
6:00発で 港を出て右側へ…
下ろして頂いた瀬は ノリコシでした。

 


船長情報では、遠目狙いでイサキ&マダイが釣れているとの事でした。
風が結構あったのと 潮に乗せて釣りたかったので、ウキをU-wave000号を選択。
仕掛けの馴染みが良いので 強風時でもストレス無く釣りができます。
とりあえずイサキを!と思っていたので ライン&ハリス1.75号を直結。ウキ止め有り、ハリス2ヒロに グレ針6号で始めてみました。
仕掛けが水面下に馴染むと ほぼ正面にラインが出て行くので 底潮が真っ正面に行っているのが分かりました。
そのまま50㍍位流して 仕掛けを回収すると刺し餌が丸々付いて返って来たので 今の時期にしては珍しい展開!
直結下に G8を1つ打ち足して同じ様に流すと 同じく無反応でした。
ガン玉をG7→6と 打ち変えて仕掛けを投入すると潮が止まってしまいました。
しばらくして仕掛けを回収すると 何か掛かってたんですが、ハリス瀬ズレでバラし(T_T)
その後餌盗りの コッパグロ&オヤビッチャ等が現われ出したので それらを避けるべく 極力遠目狙い(竿4本~沖)を狙ってみました。
潮は相変わらず動いて無かったので撒き餌を足元と左側のサラシに入れて様子を見ることにしました。
ハリスを瀬ズレでバラしたのでG7号(棚3ヒロ程度)から始めてみました。
しばらくして仕掛けを回収すると刺し餌が 丸々付いて返ってきたので餌盗りが、あの距離にいないのでは…と思い撒き餌と仕掛けを被せ打ちにして、ガン玉をG6号(棚竿1本位)に打ち変えて餌盗りを寄せる為に足元にも撒き餌を入れて、しばらく様子を見てみました。
何の反応も無かったので、仕掛けを回収すると刺し餌が丸々付いて返ってきたので間違い無く何かいる(^^)と期待を込めてG5(棚竿1本半~2本位)に変更。
時より右から(北側)の突風が吹き付ける状態でした。
その風に竿を押された!と思いきや何とアタリ!!
しかも 結構な引きと重量感!!!
突然のアタリで慌てながらも戦闘態勢突入(^^)
数回の鋭い突っ込みと走りに 耐えて上がってきたのは マダイ60㎝クラスでした!!


これは良いぞぉ~ などと思いながら同じパターンを試すも餌盗りの活性も上がったらしく しばらくノーヒットでした。
潮には相変わらず 変化が無いまま 船長が10:00頃 見回りに来られたその直後にラインバチバチ!!やっときたぁ~と思ったら まさかの高切れ!!
しかも2回やってしまいました(T_T)
結局 その後は 潮もフラフラしただけで納竿となりました。
釣果は マダイ1匹でしたが、悪条件でも撒き餌と仕掛けの同調が簡単にできる U-wave000号 のお陰で刺身とビール頂けました。