釣人:瀬戸口 祐次(黒鱗会)
使用製品:ZERO SEN1 000号
釣果:尾長・口太30~35㎝まで×5匹
日時 :2017年1月18日
釣場:鹿児島県 坊津 高立神瀬

曇り時々小雨     風ややあり
凪   中潮(満潮11:00頃)
坊泊港 6:50発~15:00回収
渡船:待丸     水温:18℃位

 
良型クロ狙って 坊津釣行してきました。
小雨交じりの出港でしたが、瀬に上がった時にはその雨も止んで良い感じでした。
ウネリもなく風も 若干のホロー(^^)
逸る心を押さえつつ準備に取りかかりました。
タックルは道糸ハリス1.75号にハリス2ヒロを直結。
ウキは昨年新発売の ZERO SEN1 000号を選択。
ウキ止めありでグレ針6号 ノーガン玉で始めてみました。
ウキが000号なので 仕掛けの馴染みが早いのと風&表層の滑り(2枚潮等)の影響を受けず確実な同調が出来るので魚と出会える確率が高くなります。


更に今までメインフロートだった U-waveより自重が上がっている分遠投性も向上!
さらに上面の窪みが仕掛けの浮き上がりを抑えてくれます。
色もオンンジ&イエローと2色ではありますがお好みで選べるようになってます。
値段も1000円とお手頃価格なのが嬉しいですね(^^)
撒き餌と仕掛けの準備が出来て まずは撒き餌を足元に入れてみました。
すると水温18℃にも 関わらずオヤビッチャがチラホラ(^^;)
それらを 避けて竿2本~沖へ投入してみました。
潮の動きを全く感じず暫く放置。
仕掛けを回収すると 餌が取られたので竿3本~沖を狙ってみました。
すると 緩~く右の上げ方向へ潮が行っていたので暫く流してみることに…
とくにアタリもないので仕掛けを回収すると餌が丸々付いて返ってきました。
棚を少しずつ下げるべく直結下にG8→7→6と竿1本~1本半位まで下げた所で餌を取られました。
なので少し上を釣ろうとG7に戻すと右へ行っていた潮が右内側へ当たっていく向きに変わり餌が取られなく無くなりました。
更に深く探るべくG7→6→5→4と竿2本半位まで下げると右へ当たっていく潮が緩みだしました
最初の右向きの潮の時に探ろうと思ったG7(棚3ヒロ~)に戻して仕掛けを入れてみました。
すると餌が取られてると思ったんですが何とチモト切れ!
イスズミかなぁ~と思いつつG8に打ち変えて針もグレ5号針に変更。
ガン玉と針の重さを軽くして、チモト切られた棚より少し上を狙ってみました。
すると ラインがスッと走ってヒット!!
想定外の鋭い引きに レバーブレーキで対応。
数回の際への突っ込みと足元の根を交わし交わし上がったのは まさかの尾長35㎝でした(^^;)
今の時期に尾長ってまだ秋だし!何て思いながら次の1匹を狙ってみました。
すると潮が本来上げの右向きではなく下げの左向き…
しかも流速を増して激流となりました(^^;)
殆ど餌を取られなかったので ワンドからの引かれ潮に乗せてみました。
すると本流に乗ったかなぁ~と思う位ラインの出方が速くなりだした頃ラインが張れてヒット!
2匹目は30㎝口太でした(^^)
ただ同じパターンで連続ヒットとはいかず餌が余リ取られなかったので、何気に本流釣りに切り替えてみました。
足元には 相変わらずオヤビッチャ等餌取りが常時在中(@_@)
50㍍位流した所でサミングで押さえていたラインを弾いて3匹目ヒット
同型口太でした。
潮が 変わればまた釣れるかも…と思いつつ磯の上で ラーメンタイム(^^)


釣果も寒いし時より降る小雨で寒かったので体も暖まり 後半戦突入!
すると 先ほどまでの激流が緩んで下げ潮の時間なのにも関わらず右向きの逆潮になってました(^^;)
また嫌な展開か…と思っているとラインが張れてヒット!
結構な引きで期待したんですがサンノジでした(^^;) 残念!


潮も逆で悪いし サンノジ釣るしかないかなぁ~と思いつつ何気に同じパターンを繰り返してみると案の定ヒット!
ところが 上がったのは30㎝~尾長でした(*_*)

結局14:30まで逆潮でしたが30㎝~口太追加で納竿でした。
終日 ほぼ逆潮と かなり厳しい状況でしたが ZERO SEN1のおかげで 刺身をはじめ 美味しい料理に出会えました(^^)v