【DATA】
釣人:保田貴雅
日時:2011年9月25日(中潮)、10月2日(中潮)
釣場:大分県四浦半島(津久見市)
釣果:9月25日…10パイ(2人合計)、10月2日…5ハイ(2人合計)

yasuda011-168x300

9月25日と10月2日の日曜日、嫁を連れて大分県の津久見にある四浦半島にアオリ調査に行って参りました。

■9月25日(日)中潮

当日はあまり天候に恵まれませんでしたが、
漁港内では新子の姿がチラホラ見受けられたので最悪ホゲることはないだろうと確信しました。

まだ、あまりエギングが上手ではない嫁のタックルは
PE0.8号にリーダー2.5号とAURA GAME ZIGZA 3.0号

私のタックルは
PE0.5号とリーダー1.75号とAURA GAME ZIGZA 3.5号

私は潮の流れが激しい外側へ、
嫁は釣りやすい港内へそれぞれエギを投入します。

船の係留ロープに着いているイカを寄せてはサイトで仕留める嫁に対し、ボトムから表層までくまなく探り、潮のヨレにエギを流したりと試行錯誤していた私にはアオリの姿は見えず(笑)

結局、日中は嫁にのみヒット連発でした……。

日が落ちて場所移動し、外灯周りで新子と戯れて終了。

yasuda02-168x300

この日は嫁が7ハイ、私は3バイと完敗でした(笑)

■10月2日(日)中潮

またしても雨が降ったり止んだりと天候には恵まれませんでした。
ときおり吹く突風に出撃自体悩みましたが、やっぱり行くことに。

この日も四浦半島の某堤防に入りました。
タックルは一週間前と一緒です。

嫁は港内の新子調査で、私は外向きにある砂利浜からのカケアガリを調査します。

この日は日中だけの調査でしたが、私が3バイで嫁が2ハイ。

yasuda03-168x300

サイズは外向きで350gが最大、内向きが250gと大分大きくなってきていました。

これまで幾度となくエギングに嫁を連れて出ましたが、この2週間の間で過去にないほど釣れています。
これはZIGZAが操作性に優れていることの証明ではないかと思います。
軽い力でキビキビダートするため、女性の非力なシャクりでもしっかりと動きます!

最近釣れているので、嫁がエギングにどっぷりハマッてしまい、これを口実に連れ出すことでエギングに行きやすくなりました(笑)