0725kagimoto-225x300

【DATA】
釣人:鍵本 忠行
使用商品:AURA ZG-Ⅰ 0号(グリーン)、アウラライブウェル
釣果:チヌ 35~45cm 3匹
日時:2012年7月22日(日)
釣場:広島県広島市安芸区矢野町(東部流通団地、県営岸壁)

 

釣場は自宅近くの県営岸壁である。
水深は約10m前後なので1号などの浮力の大きいウキを使用し、一気に底付近を狙うのがセオリーである。

が、この釣場は魚影が濃く、平日でも釣人が絶えることがないので、ここのチヌは警戒心がとても強く、サシエを一気に食い込むことはなかなかないのである。

特に型のいい魚ほど、じわじわゆっくりとサシエを食べ、釣人を上手くかわすことが多い。

そこで、魚からの小さな魚信を確実にとらえ、釣果に結びつける役目をするのが、AURA ZG-Ⅰ 0号だ。

ウキ下10mの位置へアユ釣り用の目印をつけ、ハリスにはG5のガン玉を2個装着した軽い仕掛け
で、仕掛けがゆっくりと立っていくことをイメージしながら釣りをする。

ウキと目印が近づいてきたらいよいよチヌとの勝負である。

ラインを少し張り気味にして、穂先、ラインのたわみを直視する。

アタリがあれば、穂先が引かれラインのたわみが一直線となる。

そこで竿を立てて合わせを入れると、チヌの口に確実にフッキングするのだ。

少し待ってアタリがなければ、0.5~1m程度竿を引き、サシエに動きを与えてチヌにアピールしてみる。

ほとんどの場合、ここで上記のようなアタリがある。

AURA ZG-Ⅰシリーズはカラーが豊富で視認性も高く、入水時の抵抗が小さいところがとても気に入っている。

また、適度の余浮力があり、ハリスにガン玉を打って仕掛けを張り気味にしながら釣ることの多い私の釣りには絶対に欠かせないアイテムだ。

 

もう一点、釣り大会、トーナメントなどに参戦するときに欠かすことのできないアイテムがアウラライブウェルだ。

他社の同等製品とはまったく比較にならないほどにリーズナブルであること、製品自体の自重が小さく、磯や堤防などを移動する際にも特に苦にならないところがいい。

これがあると一日中快適な釣りができるのでとても重宝している。