GEDC0289-300x225

【DATA】
釣人:原田 康平(相模フカセクラブ)
使用商品:AURA Rush RX 0号、VoltAge Volt07 0号
釣果:35センチ3枚、32から33センチ3枚
日時:2014年1月6日 14時から16時
場所:静岡県 城ケ崎 寺下の磯(地磯)

GEDC0293-300x225

 

2014年1月6日私は東伊豆の地磯、城ケ崎の寺下の磯に釣行しました。
今回使用したウキはAURAのRush RX とVoltAgeシリーズのVolt07です。

釣り場に着いたのは13時。釣り始めたのは上り潮が動き始めた14時。まずは、RUSH RXの0号を使用し、全誘導の仕掛けを使用します。オモリを打たずに仕掛けが馴染むので、ノーシンカーで攻めます。
このウキの良さは糸落ちがよく、竿を軽く立てるだけで仕掛けを張ることができるので自分の思った通りにライン操作ができます。また、自重が10グラム台なので、遠投性も抜群です。欲を言えば強風時や沖目を攻める際に遠投性を高めた、自重12グラム以上のモデルを出してくれるとうれしいです。
まずはRUSH RXの0号を使用して沖に向かう払い出しを攻めました。マーカーがしっかり落ちているのが確認できたのでジンタンを打たずに攻めることにしました。15メートルほど沖の上り潮と払い出しがぶつかるポイントになるとウキがシモり、竿をひったくられ、35~32センチのグレを3枚釣りました。
15時ぐらいになり、風が強くなったので、道糸を海中に入れて仕掛けを操作しやすくするためにVolt07の0号を使用しました。このウキはコストパフォーマンスがよく、自重が12グラム台なので操作性がよく、適度に大きいので潮なじみがよいのが魅力です。
しばらくして35センチ級を2枚連釣して、夕マズメになり、磯際を攻めると1.7号ハリスをぶち切られることがありました。
釣り場の駐車場が5時で閉鎖なのでここで納竿にしました。
14時からの釣行で数釣りを楽しむことができました。

GEDC0280-300x225